Top >  恋愛とは >  20代の結婚の今と昔の違い

20代の結婚の今と昔の違い

"一昔前までは、結婚をすることが一人前の社会人であるかのような風潮が一般的な時代だったので、20代前半での結婚がごく当たり前のように成立していました。
現在と違い昔は20代前半での結婚が多かった理由のひとつには、地域での世間体や親戚の目などのプレッシャーが強くて、相手を選り好みする余裕も持つことが許されずに、とにかく若いうちの結婚が推奨されていたと言う要因が強かったのがひとつの理由であると思います。
実際に現代の日本ではインターネットなどの普及により、より多くの価値観が混在し両立する社会になってきているので、結婚相手を選り好みして厳選することが許される時代に移り変わり、結婚適齢期を過ぎても結婚相手を探し続ける余裕があるのです。
その証拠に、最近では20代前半での結婚のほうが珍しく、20代後半や30代を過ぎた結婚もごく当たり前の社会常識となってきています。
しかしそのような結婚の自由が確立された日本社会においても、新しい価値観を受け付けない人達の間では、昔ながらの20代前半での結婚が当たり前と捉える年代の人たちがいるのも事実です。"

恋愛とは

関連エントリー

職場恋愛のメリット、デメリット 職場恋愛で結婚しました 職場恋愛の想い出 偏見か真実か 性格がやさしく、信用できる人 結婚したい、仕事もしたい、両方に都合がいいのは30代。 遅くなってきた結婚適年齢期 20代の結婚の今と昔の違い 若いうちが適齢期かと思いますが お見合いパーティーや街コンは楽しそうなイメージ