Top >  恋愛とは >  遅くなってきた結婚適年齢期

遅くなってきた結婚適年齢期

"現代の結婚適年齢期は30歳くらいだと思います。
昔の人は、結婚する時期も20代前半くらいで若めだったと思いますが、現代の人たちにとって、結婚とはそこまで大事なものではなくなってきました。
昔みたいに、女性は仕事ができないわけでもないし、絶対家に入って仕事をしなければいけないわけでもなくなりました。
今の社会では、女性が仕事をし、男性と一緒に家庭を守っていくことも普通のこととなってきたので、絶対に早く結婚しないと、結婚相手が見つからないという心配もなくなってきました。
実際、リベラルな国の中では、結婚せずに子供を育てる親が約50%のところもあります。
結婚しなければ、子供が養えないわけでもなくなってきました。
自分で稼いで、自分一人で養えるような世の中になり、男性のたよりなしで、育児や、生活ができるようになってきたからこそ、女性が結婚に頼る理由がなくなってきたので、結婚適年齢期が遅くなってきたんだと思います。"

恋愛とは

関連エントリー

職場恋愛のメリット、デメリット 職場恋愛で結婚しました 職場恋愛の想い出 偏見か真実か 性格がやさしく、信用できる人 結婚したい、仕事もしたい、両方に都合がいいのは30代。 遅くなってきた結婚適年齢期 20代の結婚の今と昔の違い 若いうちが適齢期かと思いますが お見合いパーティーや街コンは楽しそうなイメージ